月別アーカイブ: 1月 2018

胸が小さい・・・その原因は女性ホルモンが不足しているせい?

胸が小さい原因は女性ホルモン不足?

小学校高学年から中学生ごろになると徐々に胸が大きくなっていきます。それまでのようなスポーツタイプのブラジャーではなく、カップやワイヤーの入った大人用のブラジャーを付け始める子もそろそろ出てくるころなのではないでしょうか。

しかし、中にはなかなか胸が成長せず、いつまでも胸が小さいままなことに悩んでいた人もいるのではないでしょうか。身長や体重もそうですが、胸の成長にも個人差があります。では胸が小さい原因とはいったい何なのでしょうか。

胸が小さい原因には遺伝などもありますが、そこには女性ホルモンが大きくかかわってきます。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類があります。この女性ホルモンが胸の細胞に届くと細胞が発達していき、胸の土台が作られ、そこに乳腺脂肪がつくことで乳房が発達していくのです。

思春期を迎えるとこれらの女性ホルモンの分泌がさかんになるとともに、2種類のホルモンの分泌量のバランスも整ってきます。そのため、思春期になると胸が成長していくのです。胸の成長には女性ホルモンの分泌が活発であること、2種類のホルモンの分泌バランスが整っていることが必要不可欠となります。

しかし、女性ホルモンの分泌量が少なかった場合、思春期になっても胸が十分に発達することなく胸が小さいままとなってしまいます。

女性ホルモンの分泌が少ない原因には生まれつきの体質などもありますが、ダイエットなどのために食事を十分に摂っていないと、女性ホルモンを作り出すのに必要な栄養が不足して女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことがあります。また女性ホルモンの分泌は睡眠中に最も活発になるため、しっかり睡眠をとれていないと分泌量も減ってしまいます。

女性ホルモン不足を補うにはどうすればいいの?

女性ホルモンがしっかりと分泌されるようになれば、胸を大きくすることも可能です。では女性ホルモンの分泌はどうやって増やせばいいのでしょうか?

小学生や中学生の成長期のうちであれば、食事から栄養をしっかり摂ること、十分な睡眠をとることで分泌量を増やすことができます。適度な運動も加えればより効果的でしょう。

しかし年齢を重ねると、逆に女性ホルモンは徐々に減少していきます。この状態で分泌量を増やすには、食事や睡眠、運動はもちろん大切ですが、それに加えてバストアップサプリメントやバストアップ用のマッサージクリームなどによって、外から女性ホルモンの分泌を促すことも必要になります。

人気サプリはこちら→http://ベルタプエラリア体験者.com/

成長期の頃に外から女性ホルモンの分泌を促すことは、かえってホルモンバランスを乱す可能性があるので危険ですが、ある程度ホルモンの分泌も落ち着いた大人の女性であれば積極的にホルモンの分泌を活性化させるのが効果的でしょう。

バストアップにはいろいろな方法があるので、年齢や体質に合った方法を見つけましょう。